少子高齢化による看護師の現状

ニュースでも少子高齢化の問題が取り上げられることが増えてきており、日本の将来に対して不安を抱えている方も多いと思います。看護師の中には、働くうえでこの少子高齢化をしみじみと感じている方もいるのではないでしょうか。病院でも高齢者の数が増えてきているので、看護師の仕事は年々忙しくなってきています。高齢者の増加によって、看護師の現状はどのように変化しているのでしょうか。
入院病棟に勤務している看護師は、次から次へと入院してくる高齢者の看護に追われています。入院をする患者が増えると、当然看護師の仕事も増えます。その結果、患者一人一人に対するサポートも大変になり、「食事を摂る時間がない」「休憩がろくに取れない」という看護師が増えるのです。全国的に看護師が人手不足の状態となっており、中には激務を強いられている看護師もいます。このような現状が出来上がってしまった大きな原因は、高齢者の増加と看護師の人手不足です。仕事がハードだと分かっていれば、看護師を希望する方も少なくなるので、今後更に現状が悪化する可能性もあります。少子高齢化で看護師の仕事はよりハードになってきているため、このような現状を少しでも早く改善することが必要です。今後、高齢者の数は更に増えることになるので、時間の猶予はありません。
少子高齢化が原因で、看護師の働く環境はさらに過酷になってきています。この状態が続けば、看護をする側の看護師が過労で体を壊してしまう可能性も出てきます。今の日本がこのような状況であれば、看護師を目指そうという方はさらに減っていくことでしょう。こちらのサイト《看護師目線の高齢化社会対策》でも、高齢化や人手不足の問題が取り上げられています。

2016年8月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

固定ページ

タグ

カテゴリー

アーカイブ

メタ情報